またバンドとしての活動を開始する。大阪府柏原市にて、手塚治虫や赤塚不二夫らが暮らした「トキワ荘」や 、瀧口修造、武満徹らの組織した「実験工房」にならい、ともに一つ屋根の下で暮らしながら、 各地での企画イベント、コンサート、ストリートライブのみで生計を立てるというスタイルをとっている。にて不定期に 営業されるカフェイーゼル?ア ート?カフェや、ぶどう畑全面を貸し出したレンタルギャラリー等の運営も活動の一つである。バラエティからニュース、ドラマ、コマーシャルまでマンスリーマンション 賃貸を幅広く手がけている。また、スポーツ番組も得意とし、スカイパーフェクのスポーツ専門チャンネル「スポーツ?アイ」の開局に際しては出資を行なった。グループ会社として、ポストプロダクションの麻布プラザ株式会社、人材派遣のウッドオフィスキャリア株式会社、放送機材レンタル、メディア?用品販売会社のクリエイティヴ?コア株式会社、芸能プロダクションのウッドアーティスト株式会社がある。それら関連会社との連携で、グループ内だけで撮影機材から編集機材まで全て調達できる体制になっており、機材のデジタル化もいち早く進めた。派遣事業拡充のため人材派遣会社ウッドオフィスキャリア株式会社を設立する。whitehomeした日本の機械メーカーである。本社に相当するアメリカのゼロックス?コーポレーションとの合弁会社とならなかったのは、当時はアジア地域がランク?ゼロックス社の商圏だったことによるもので、実質的には富士写真フイルムとゼロックス?コーポレーションとの合弁会社だった。レーザープリンター(企業向け大型?高速?複合機を含む)等を製造販売するほか、これらコア技術を生かした総合文書管理ソリューションコンサルティングを提供している。業績の低迷に悩んだゼロックスが富士写真フイルムに所有持ち株の半数を売却した。現在は富士フイルムホールディングスが株式のを保有する連結子会社となっている。富士写真フイルムが持株会社に移行し富士フイルムホールディングスとなったことにより、富士フイルムグループの中で富士ゼロックスの重要度が増すこととなった。

まではゼロックス?コーポレーションが保有するゼログラフィー技術の特許により乾式普通紙複写機の市場を独占していた。しかし、特許の独占権の失効以後は低価格?小型化を武器とするキヤノン?リコー?コニカミノルタ?三田工業(現在の京セラドキュメントソリューションズ)などの日本企業にに市場を侵食され、高速機や大型機では強みを発揮し続けているものの、国内販売台数シェアではキヤノン、リコーに続くの地位に甘んじている。しかし、コピー/プリント枚数(コピー?ボリューム、レンタルオフィス 東京ドキュメント?ボリューム)では高速機市場での強みを活かし、依然としてシェアはトップである。セイコーエプソンをはじめとするプリンター各社にプリンターエンジンを供給している。こうして製造された製品には一時期、ロゴマークがされた。また、かつては国内向けに富士ゼロックスブランドのインクジェットプリンターを販売していた)。現時点における海外の販売圏は、オーストラリア?ニュージーランドのほか、アジアおよび東南アジア(タイ?インドネシア?シンガポール?フィリピン?ベトナム?マレーシア)各国に拡大している。をモチーフとしたシンボルを一体化したものとなっている。シネマコンプレックスチェーン「ジョイ」を全国で運営している。このチェーンに、http://whitehome.jp/point/(東宝系のシネマズ、マルチプレックスシアターズなど)と共同経営しているシネコン(新宿バルトなど)が含まれているのは、シネコンとしての運営実務をティ?ジョイが担当しているためである。どこからでも良い音響効果が得られるようになっている。東映東京撮影所で撮影された映画を上映する際に、セットの一部や小道具、撮影風景の写真などを展示することがある。エントランス部には「東映東京撮影所貢献者ギャラリー」と称し、高倉健、吉永小百合の腕型と大型の写真パネル、東映に関わった経営者や映画監督、俳優の手形と写真パネルが常設展示されている。にリニューアル。デザインはフィールドフォー?デザインオフィスによる。その後鴻巣市によって取得され、ティ?ジョイが運営を担う形でこうのすシネマとして開業した。
http://www.worldsings.com/user/blogs/view/name_xxmen916/id_144163/title_/